「未着・未入金トラブルお見舞い制度」の概要と申し込み手順

ヤフオクで商品を落札・入金したのに、買った商品が送られてこないというトラブルにみまわれた場合には、「未着・未入金トラブルお見舞い制度」で対応できる場合があります。

未着・未入金トラブルお見舞い制度

未着トラブル01

未着・未入金トラブルお見舞い制度とは、購入者側の「代金を支払ったのに商品が届かない」、または出品者側の「商品を先に送ったのに代金を支払ってもらえない」という被害がでた場合に対応できる補償制度というか名前の通りのお見舞い制度のことです。

でも現在のヤフオクは特定カテゴリ(自動車、建設機械、船等)を除き、支払いは Yahoo!かんたん決済での代金先払いなので、出品者側の「商品を先に送ったのに代金を支払ってもらえない」というのは特定カテゴリ以外では考えられません。なので対象の殆どは、代金を支払ったのにも関わらず商品が来ないという落札者側の被害を助けてくれる制度といえます。

お見舞い金は現金でなくTポイントで

未着・未入金トラブルお見舞い制度が対象になるのは落札代金だけ、送料などの費用は対象外です。そして補償金は現金支給ではなく、Tポイントで支払われるんですね。

Tポイント

上限は50万円までになっているので、それを越える金額は補償対象にはなりませんが、Tポイントといえども50万までなら殆どの落札品はカバーできる金額ともいえます。そして制度を受けれる回数はYahoo!プレミアム会員を除き年1回です。

  • 補償上限は最高50万までの全額「Tポイント」支払い
  • 補償は落札代金だけ
  • 年に1度の補償「Yahoo!プレミアム会員」は回数制限なし

未着・未入金トラブルお見舞い制度の対象にならないもの

未着・未入金トラブルお見舞い制度は申請すれば簡単に受けれるものではなく、細かく面倒な審査もありますが、それ以前に補償の対象にならない条件もあります。

既に120日が過ぎてしまっている

制度が適用されるのは、注文、落札日から120日以内の取引だけです。120日を超過しているものは申請できません。

補償のない発送方法を利用した

補償がない発送方法を取引に利用している場合には、発送方法を選択する際の注意不足とみなされ審査の対象外になります。

ストアから商品を買った

法人、個人を問わず事業者(ストア)からの取引の場合は対象外になります。

審査対象外カテゴリの出品物を買った

下記のカテゴリからの出品物を購入したトラブルは対象外です。

  • (ア)ペット用品、生き物>生き物、生体(ヤフオク!の場合はペット、生き物)
  • (イ)チケット、金券(ヤフオク!の場合はチケット、金券、宿泊予約)
  • (ウ)不動産
  • (エ)その他

利用規約やガイドライン違反がある

ヤフオクのガイドラインや利用規約に抵触している場合は対象にはなりません。住所など変更事項があるのに登録情報を変更していないなども怪しいです。

 

その外にも適用要項が細かくあるので、申請前には読んでおくことが必要です。

お見舞い制度が適用除外になるもの

未着・未入金トラブルお見舞い制度の申込手順

被害届が必要

はっきり言って実補償まで漕ぎ着けるには時間と労力が必要です。警察に被害届を出すなど、尻込みしてしまうような工程もありますが、折角ある補償制度なので諦めずにチャレンジしていきましょう。

未着・未入金トラブルお見舞い制度を申請できるのは、注文、落札日から120日以内です。期限を過ぎてしまうと申請できないので早めに対応していきます。

1:まずは「被害報告フォーム」から連絡しておく

オークション終了から10日位を目安とし「被害報告フォーム」から、ここ数日間の取引内容や今までおこなってきた経緯などを具体的に入力し、被害状況をYahoo!に知らせます。

2:その後、1ヶ月以上はトラブル解決のための努力をする

被害報告後、1ヶ月以上はトラブル解決のためのアクションを行い続けます。これは取引ナビ、連絡掲示板、評価からの連絡や電話での連絡以外にも、「内容証明郵便」を送ることや、警察に相談(詐欺被害として)することも含みます。

3:何も進展がなければ「審査申請フォーム」から申込み

それでも問題解決の進展がなければ、今までの状況や取引相手への催促の状況などを、Yahoo!の「お見舞い審査申請フォーム」から、お見舞い制度の対象になるかの審査を申請します。

ここまではオークションが終了してから、120日以内に行わなければいけません。

4:仮審査に通れば、「審査申込書」等の必要書類を送付する

「お見舞い審査申請フォーム」からの仮審査に通る、通らないに関わらず、登録メールアドレスに連絡が来ます。

仮審査に通った場合には「審査申込書」の提出を要求される以外にも、下記の書類も必要になるので全て揃えてYahoo!に送付します。

  • 代金を支払ったことを証明するもの
  • 取引ナビ、注文画面などの画面コピー
  • 本人確認できるもの(免許書・保険証のコピー)(住民票や印鑑証明など)
  • 内容証明郵便のコピー
  • 警察への被害届の受理番号

5:審査に通れば全額分がTポイントで進呈

規定に従っての本審査が行われた結果、見舞金支払いが決定すれば、対象のYahoo! JAPAN IDにTポイントが進呈されることになります。この期間は必要書類を提出してから約1~2ヶ月です。進呈されるTポイントは、さすがに使用期限がある「期間固定のTポイント」ということはないようですよ。


スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税抜462円)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る