入札を取り消してもらうにはどうするか

「いいもの見つけた」とすぐに入札したら、その後に更に良いものが出てきて後悔なんてことはよくあることです。都合よく高値更新されてしまえばいいんですが、既に落札相場に近い金額になっていると、他の入札もなく落札してしまう可能性は大きくなるというもの。

「入札=購入意思」なので、落札になればもう諦めて出品者と取引していくことが当たり前の対応というものですが、入札している商品が高額ともなると、なかなかそうも割り切れず、落札の前になんとかしたいと思うところです。



スポンサーリンク

入札の取り消しは出品者にお願いするしかない

なんとかするということは出品者にお願いして、入札を取り消してもらうということですが、ヤフオクヘルプでもハッキリと「入札は取り消せません」と明記されている通り、入札者側ではキャンセル操作はできず、出品者の善意によって対応してもらうしかありません。

ヤフオクヘルプページ

入札は取り消せません。
やむを得ない事情があるときは、「出品者への質問」から出品者へ入札の取り消し依頼をしてください。質問には下記の内容を明記します。
・ Yahoo! JAPAN ID
・ 取り消したい理由

出品者にとって入札の削除依頼を受けることは、ただ単に迷惑な話なだけですが、出品者としても落札されてから購入意思がない落札者と対峙するよりは、入札の段階で対応しておいた方が良いと考えるのが普通です。

あくまでも対処してくれるかどうかは出品者の判断次第になり、「過去に削除依頼で嫌な経験」をしている出品者なんかは、質問にも答えず完全無視ということもあるんですね。

入札を削除する出品者にもリスクはある

「過去に削除依頼で嫌な経験」というのはこんなことです。

キャンセル依頼を受けた出品者が入札を取り消すと、2番めの高値を入札していた人が再度、最高入札者に繰り上がります。この人に購入意思があればなんの問題もないんですが、「もういらない」とか「他のものに入札している」なんてコメントが入れば、出品者はその人の入札もキャンセルし、後は同じことを繰り返えさなければいけなくなってしまうんです。

ならオークション自体を一旦 取り消すと考えても、入札があるオークションは「キャンセル手数料」が掛かってしまうので、出品者としてはオークションを取り消すこともできない、とても歯痒い状態になってしまうんですね。

お願いするときは平身低頭な言葉で

そうは分かっていても「入札を取り消してもらいたい」と、こちらが一方的に入札のキャンセルをお願いするわけなので、もし自分が入札取り消し依頼を受けたらという気持ちで、質問欄から大袈裟ぐらいに謝意が伝わる言葉を選んでお願いしましょう。

間違ってもバカ正直に「他に欲しい商品があって」だとかの理由は、例えそうであっても、出品者の神経を逆撫でするようなことですから駄目ですよ。例えばテレビの入札を取り消してもらうのなら、

現在の最高入札者(ID名)です。
出品されているテレビが欲しくて落札するつもりでしたが、知人から不要になったテレビを貰えることになった為、誠に申し訳ありませんが入札を取り消していただけないでしょうか。大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありません。

といったように本当でなくても、丁寧過ぎるくらいの文面が良く、もしこれが「現在の最高入札者(ID名)ですが、入札を取り消して下さい。」だけでは、要点のみだけで簡素すぎて言葉不足。取り消してくれるにしても直ぐに対応してくれないかもしれませんね。

そして取り消してくれた後に、また質問欄から「ありがとうございます」等の返答を返してしまうと、出品者のオークションに未回答の質問として残ってしまうので、出品者に手間を掛けさせないことに気を使うのなら、感謝のコメントは不必要というものです。

何にしても早めにお願いすることが大事なことです。

ブラックリストは覚悟する

快く入札の取り消しをおこなってくれたとしても、その出品者のブラックリストに登録されることぐらいは覚悟しておきましょう。ブラックリストに登録されるとその出品者の出品するオークションには「入札」はもちろん「質問」もできなくなります。

さいごに

欲しくないものを落札しても、またヤフオクで転売すればいいだけの話ですが、それでも需要がなく、しかも高額なものになると話は別になってきます。

私も以前、車の部品に入札したところ、オークション途中で不要ということが判明したために、取り消し依頼をお願いしたことがあります。

その部品は大きくて重量もあったので送料も高く、もし買っても需要がないので転売もキツイものでしたから、心の底から買いたくない気持ちだったので、入札を取り消してくれた出品者には、感謝の気持ちだけでした。

ただそういう懐の広い出品者ばかりではないので、入札したことを後悔しない為には、何となく欲しいぐらいのものは、終了間際に入札するのがベストかと思います。



スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税抜462円)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る