ヤフオクの始め方

参加条件は

ヤフオクの参加条件は 15歳以上で日本語が分かる人、そして Yahoo!にログインするために必要なる「Yahoo! Japan ID」さえあれば、ヤフオクで商品を購入することができます。

「Yahoo! Japan ID」は無料ですぐに作成でき、登録したID名がヤフオクでの参加名です。

ヤフオクで買ったり売ったりする利用料は

ヤフオクで商品を買う時の手数料は一切発生しません。

購入代金の支払いも「Yahooかんたん決済」という当事者の間にヤフーが代金仲介する支払い方法で、決済手数料は0円です。

かんたん決済

 

一方、売る立場になるとヤフーに支払う利用料が発生します。

商品が落札されれば「落札システム利用料」の名称で、落札代金×10%を支払います。

但し、Yahoo!の有料会員の「Yahoo!プレミアム会員 」の場合は8.64%と安く、使える機能やオプションにも制限がなくなります。

出品手数料

利用料金については ヤフオクに掛かる費用 で詳しく解説。

ヤフオクで買う

ヤフオクで商品を落札・購入することは、「楽天」や「Amazon」などのショッピングサイトで商品を購入するのと変わりはなく、代金を支払って商品を受取るだけのことです。ただ違うのは、購入価格が入札で決まるものが多く、その取引相手の殆どが個人というところです。

ウォッチリストに追加する

商品を探していて気になるものを発見したら「ウォッチリスト」に入れていつでも確認できる状態にしておきます。登録に上限はないので、どんどん追加しておきましょう。

ウォッチリスト

入札方法

購入したいオークションがあれば入札です。高値を付けた人が落札できる入札形式が多いですが、定額価格(即決価格)でのオークションもたくさん出品されていて、定額のものはオークション終了日まで待つことなく購入でき、一方、入札方式の商品は安価で購入できる可能性がある反面、終了時間まで待たなければいけません。

入札画面オークション形式での入札方式では、支払ってもいい最高金額を入札しておくことで、後は現在価格と入札状況に応じて、システムが自分の代わりに最高入札額まで競い合ってくれます。

一度入札したものは取り消すことは入札者側ではできないので、慎重におこないます。

落札後のやり取り

見事に落札できれば、当事者同士だけが閲覧確認できる「取引ナビ」というヤフオクのシステムで取引きをおこないます。システムが指示する通りに取引きを開始し、「入金」「発送」「受取」をしていけば、間違いたくても間違えることはありません。

hajime304-01

代金支払い方法

ヤフオクでの代金支払いは「Yahooかんたん決済」のみです。ヤフーが落札者と出品者との代金受取を仲介し、落札者が「商品受取り」の手続きを完了すると、ヤフーが預かっている落札代金が出品者に支払われます。

最後に評価をして終了

取引きの最後には、今回の取引に対しての評価を付けて終了です。評価は5段階あり、コメント(定型文あり)も添えます。

評価の数やコメントが出品者、落札者としての取引きの熟練度や信頼度の指標となります。

 

買うには

落札に関しては 落札しよう で詳しく解説。

ヤフオクで売るには

Yahooかんたん決済の受取口座を登録する

ヤフオクでの落札代金の授受はYahooかんたん決済のみ。落札者から支払われた落札代金を受け取るための口座を登録しておきます。

写真撮影して出品する

出品画像(最高10枚まで)を用意できたら、Yahooプレミアムに会員登録しなくても出品できる「フリマ出品」か、オークション形式で出品できる「オークション出品」を選択し、出品作業をおこないます。

出品

出品フォームにタイトル・商品説明・開始金額・開催期間(1~7日)などの必要事項を入力し、写真をアップロードさせオークションをスタートさせます。

オークション開催中には質問がくることもあるのでその時は迅速に対応し、アクセスが伸び悩んでいたら「注目のオークション」というアクセスアップに効果が期待できる有料オプションを設定するなどし、常に動向は把握しておきます。

落札されたら

その後落札者が決定したら、「かんたん取引ナビ」で連絡を取り合い、入金があったら商品を発送します。そして落札者から評価がきたら、こちらも返答の評価を相手に送り取引終了になります。

 

売るには

 出品に関しては 出品しよう で詳しく解説。


スポンサーリンク

 

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税抜462円)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る