ヤフオクで落札しよう

ヤフオクでの買い方は、楽天やアマゾンなどのネットショップで商品を購入するのと同様、購入決定後に商品代金を払って商品を送ってもらうだけのこと。
ただ違うのはオークション形式で購入者が決まることと、そしてその殆どが個人間での取引になるというところです。

まずは、Yahoo Japan IDの作成から

まずヤフオクで落札するには、 Yahoo Japan ID が必要です。

既に所持している人は多いと思いますが、Yahoo Japan ID はオークションでは参加名になり、ヤフオク以外でも Yahoo!の様々なサービスで必要になりますので、もしなければ作成しておきましょう。

ID

管理人
Yahoo Japan ID は無料で作成でき、ヤフオク以外でもYahoo!のサービスを利用するのにも必要です 。

落札に掛かる手数料はありません

ヤフオクがスタートして数年は、落札するにもにも有料の会員登録が必要でしたが、現在では1000円のものでも10万円でも有料会員登録なしで落札することができます。

でも一部のカテゴリだけは、さすがに無料というわけにはいかず、特定カテゴリ(自動車体、オートバイ車体、ボート、不動産)の物が欲しい場合は、ヤフオクへの出品も可能になる Yahoo!プレミアム会員にならないと入札することができません。

購入後に掛かるシステム利用料などの類は、出品者側が負担するので、落札者の支払いは、落札金額+送料と入金手数料です。

管理人
入金する際の手数料もYahooのシステムから支払えば無料でおこなえますよ。

ヤフオクの落札手順

ヤフオクの落札手順は以下のような流れです。

落札の流れ129-1

ヤフオクでは取引きの最後に行った取引についての総評としてお互いに評価を付け合います。

ここでの評価の数やコメントが出品者、落札者としての取引きの熟練度や信頼度の指標となるので、悪い評価を増やさないことが今後のオークション取引では重要といえるんですね。

ですから取引終了まで、迅速且つ丁寧な対応を心掛けて進めていけば間違いはありません。

評価

落札後の出品者とのやりとり方法

落札後の出品者とのやり取りは、取引ナビ(かんたん取引)でおこないます。

取引ナビは、ボタン操作によって「取引を開始」「入金」「発送」「受取」のステップをおこなっていくだけの簡単取引です。もちろん相手側に「はじめまして、宜しくお願いします」などのコメントも送ることが可能です。

落札後の出品者とのやりとりの仕方

かんたん取引き17

ヤフオク落札のために知っておきたいこと

落札するための資格と条件は・・

落札には、「Yahoo Japan ID」 所持と、年齢が15歳以上なら誰でも参加OK。

但し特定カテゴリ(自動車体、オートバイ車体、ボート、不動産)から出品されているオークションの物を買おうとすれば、 Yahoo!プレミアム会員になる必要があります。

ヤフオクでの出品は個人だけ?・・

ヤフオクでは個人出品の他にもストア(store)と呼ばれるYahooの審査を通過した事業者も参加しています。ストアは事業者ですから消費税を請求してきます。

ストア

入札方法は・・

入札方法は自動入札方式というものになり、そのオークションに払ってもよい最高金額を入札しておけば、あとは現在の価格と入札状況に応じてシステムが自分に代わり最高入札額まで競い合ってくれます。例えば開始価格が200円のオークションに、1000円と入れてもいきなり1000円には上がらず 200円のまま。誰かが500円で入札すれば500円までは上がりますが、1000円までの権利は自分にあるというものです。

自動入札

代金の支払方法は・・

落札代金の支払方法は基本出品者が決めます。手数料無料の「Yahooかんたん決済」というYahooのシステム(クレジットカード可)を利用して支払うのが一般です。

yahooかんたん決済

商品の発送は・・

商品の発送方法も基本は出品者が決め、出品ページに明記されます。

定形外郵便、メール便、ゆうパック、ヤマト便など様々な商品に適した発送方法があり、料金は、「出品者送料負担」「全国送料定額」「落札者の都道府県が分かってからの連絡」などさまざまです。

管理人
ヤフオクを知るには何と言っても、落札して取引終了まで実際の過程を経験するに限るので、何か手頃で安いものでもいいから落札してしまいましょう。

次のページでは、もう少し詳しく落札のこと解説していきます。

NEXT>> 商品を探す

 

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜き)の有料会員です。「ヤフオクに出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る