匿名配送を利用するには

出品者・購入者ともに住所・氏名を知られることなく商品を送れる匿名配送。

単純に送り状に住所や氏名が伏せられるだけではなく、取引画面上からも自分の個人情報が相手に知られることのない取引ができます。昨今なにが犯罪に繋がるか分からない時代ですからね、個人情報は洩れないことに越したことはありません。

匿名配送にすれば情報は相手に開示されない

ヤフオクシステムに組込まれている発送方法には、ヤマト運輸の「ヤフネコパック」と、日本郵便の「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」の2種類がありますが、匿名配送が設定できるのは、「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」の方だけになります。

おてがる匿名配送

「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」を選択した時点で自動的に匿名配送が適応(ストアと特定カテゴリは例外)されることになりますから、匿名配送で送りたくない場合には「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」を選択してはいけません。

匿名配送では取引画面も伏せ字になる

匿名配送を利用しない取引の場合、ヤフオクの取引画面上で「出品者(落札者)情報を確認する」ボタンをクリックすれば、取引相手の個人情報を確認することができますが、匿名配送の取引の場合では、住所・氏名・電話番号などの個人情報は伏せ字になり、名前・電話番号は非表示、郵便番号の一部、住所は都道府県のみ表示されることになります。

氏名:******(非表示)

郵便番号:〒123***(一部のみ表示)

住所 :東京都*******(都道府県のみ表示)

電話番号 *******(非表示)

 

もちろん送り状も伏せ字になる

「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」はヤフオクで発行された2次元バーコードを郵便局かローソン・ミニストップの端末に読み込ませますが、そこでも落札者情報は知ることはできません。

荷物に添付される送り状も、伏せ字でバーコードにて情報読み取りになるので、荷物を受け取った落札者側も出品者の情報は分からないんですね。

徹底的に情報が出ないようになっている匿名配送なので、どうしても相手の情報が知りたいならば直接、取引ナビにて相手に聞くしかないんです。

いずれは「ヤフネコパック」でも対応?

フリマアプリのメルカリでは、日本郵便が配達する「ゆうゆうメルカリ便」と、ヤマト運輸の「らくらくメルカリ便」双方が匿名配送に対応しています。

ヤフオクでもヤマト運輸が配送する「ヤフネコパック」がありますが、現在は匿名配送には未対応。いずれ要望が多くなれば対応することになるかもしれませんが、ただすべての人が匿名配送を希望するわけではないのでどうなるのかは分からないところです。



スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヤフープレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税込)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時代もあっ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る