ヤフネコパックから他の発送方法に変更するには

ヤフオクシステムに組み込まれている発送方法には、ヤマト運輸の「ヤフネコパック」と、日本郵便の「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」がありますが、双方とも出品時に選択してしまうともう変更できないと思われがちですが、実は違う発送方法を利用することも可能なんです。

オークション開催中は変更できない

出品時には「ヤフネコパック」や「おてがる版」を利用するつもりだったとしても、何らかの理由でやっぱり違う発送方法にしたいということは、よくはないですが稀にあることです。

ただオークション開催中の管理画面には発送方法を変更できる項目もないし、落札後の取引ナビでも変更する項目は出現せず、「二次元バーコード」の発行を促されるだけです。

しかし取引ナビの「二次元バーコード」を発行するボタンの下をよーく見ると、「落札者が希望する発送方法以外でやむをえず発送した場合は「こちら」から発送連絡をして下さい。」という一文があるんですね。細かい文字なので見落としてしまうところです。

発送連絡パソコン

要はここから手動で発送完了連絡ができるんです。スマホの場合は、落札者からの代金支払い連絡後の商品発送を促す取引ナビの上部の「こちら」のリンクです。

発送連絡スマホ

 

変更ではなく手動で「発送連絡」をする

手動で発送完了連絡ができるということは、ヤフオクシステムから外れる発送に変更したとしても、落札者側には次のステップの「受取連絡をする」ボタンが出現させることができるので、落札者に迷惑を掛けることなく、オークションを終了させることができます。

受取完了してもらわないと入金されませんからね、ここは重要なことです。

取引ナビ上では「ヤフネコパック」もしくは、「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」は止まることになりますが、二次元バーコードを発行して商品を発送しない限り、送料は Yahoo!ウォレットから引き落とされることがないので心配は入りません。

「ヤフネコパック」から「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」への変更、またはその逆の変更もできません。

落札者との相談が必要

ただ配送料金の差額が発生するので、落札者とは配送前に相談する必要があり、他の配送方法で発送し手動で発送連絡した場合も取引ナビの表示は、ヤフネコパックのまま更新されないことも先方には伝えておきましょう。

とにかく、二次元バーコードを発行させると「ヤフネコパック」や「ゆうパック(おてがる版)」の手続きが始まってしまうので、間違ってボタンを押さないように注意です。



スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税抜462円)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る