送料無料で出品するメリット

ヤフオクで商品を購入するときには商品の価格も気になりますが、送料が幾ら掛るかも気になるところです。商品が安くても送料をプラスして考えるとお得感が一気に薄らいでしまいますからね、無駄な送料なんてできるなら支払いたくないところです。

しかし出品者からすると、送料も入った落札金額に対して「落札システム利用料」10%(プレミアム会員は8.8%)が徴収されるので、送料込み出品は避けたいところなんですが、メルカリからの出品者が送料を負担する流れは、ヤフオクでももう無視できないところです。

送料無料にすると落札されやすい

ヤフオクよりもメルカリ購入の利用が上回っている要因の1つには、やはり殆どの商品が送料込みで出品されているというところです。私自身もメルカリで購入する理由は送料を考えなくてよく、定額で安く買えるチャンスがあるからです。

これだけフリマアプリが浸透していると、ヤフオクでも「送料が掛かる=お得ではない」と感じる人は多く、欲しいと思うものでも送料別途となると購入に二の足を踏んでしまうもの、逆に欲しいものが送料込みで出品されていれば俄然、購入意欲が湧き騰がるというものです。

1円でも安く買いたいと考えるヤフオクユーザーにとって、送料は無駄な出費でしかないので、送料無料のニーズに合わせる出品にすることで訴求力は必然的に上がります。

送料込みなら全額がキャンペーン対象

またヤフオクで頻繁に開催される「PayPayボーナス付与」や「クーポン配布」などのキャンペーンの対象となるのは落札金額からの計算です。

送料別途だと対象は商品代金だけですが、送料込みなら送料分も商品代金ですから、全額が計算対象になり少しでも安く買いたい購入者にとっては、購入決断の一押しになるというメリットもあります。

落札相場を考えて出品すれば損はなし

落札者には嬉しい送料無料ですが、出品する立場としては「送料が勿体ない」と負担に躊躇してしまいますが、過去の落札相場を考慮の上で、送料を組み入れた即決での出品価格を考えれば、逆にお得感も与えられてこちらも利益が出る、双方にメリットある出品になります。

お得感を出してあげることで、購入者は「送料を払わずに済んだ」、出品者は「現状の相場で売れた」とお互いに満足できる売買になるというものです。

また送料落札者負担で複数落札されたときの同梱依頼が発生した時も、送料を計算・連絡する等の手間もなく、送料無料なら単純明快です。

出品者負担にすると送料が安い

出品者が送料を負担することに対しての軽減として、ヤマト運輸の「ヤフネコ!パック」と、日本郵便の「おてがる版(ゆうパック・ゆうパケット)」は送料を出品者が負担する場合、落札者負担よりも安く送ることができます。

配送料金は全国均一になり、「ヤフネコ!宅急便」と「おてがる版(ゆうパック)」は各サイズごとの一律の料金が設定されてます。決まった金額なので未来の購入者がどこの都道府県でも送料の計算がすぐにでき、出品価格を幾らにするか考えられます。

ヤフオクも送料無料の出品オークションを拡充させて、より買う側にとっていい環境を作りたいという趣旨が感じられますね。

ヤフネコ!パック、またはゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)を利用すれば、「配送サービス利用料」の名目で、出品者が商品代金を受け取る都度に差し引かれます。

送料込みは誰もが嬉しい

出品者の立場からすると送料込み出品は落札されやすくなる反面、「落札システム利用料」が送料分も徴収されるデメリットがあります。

しかし売れないと徴収もされないわけですから、売り抜くためにも落札相場を考慮し、儲けが出るような価格設定にするのがベストです。

送料込みで自分の欲しいものを発見するとテンションが上がるように、自分の出品も送料込みでお得感を出すことで、誰かのウォッチリストに入ること間違いなしですね。

関連記事

クーポン情報

【2021年12月更新】Yahoo!ショッピングでもらえるクーポン・開催中のキャンペーンまとめ

Yahoo!ショッピング・PayPayモールで現在開催中のキャンペーン、獲得できるクーポンのまとめです。買った後では適応できないので購入前に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る