商品説明分にテンプレートはやめました

ヤフオク出品の商品説明には定番の「出品テンプレート」がありますが、昔と比べるとテンプレート利用者も何だか少なくなっている感じがします。

ヤフオク歴が長い人は依然使い続けているのでしょうが、最近の出品ではテンプレートの必要性ももう余り感じませんね。自分も以前は必ずテンプレートを利用して出品していましたが、スマホ主流の今ではテンプレートは利用せず「改行」と「太文字」のみ利用したシンプルな商品説明にしています。

PCではテンプレートが見やすいが

テンプレートを使うと「商品説明」「発送方法」など区別させて表示させることができたり、画像や色を付けてデコレートできるので、カラフルでビジュアル的に仕上がりのいい出品画面ができるのが魅力です。

下は利用者の多いオークファンの出品テンプレートの中の「きのこ」を利用した商品説明ですが、可愛らしく印象のいい商品説明になります。

テンプレートPC

ただそれもPC画面やタブレットで見たときの話で、スマホから表示させるときには、かえってテンプレートを使ってることが、あだになってしまうこともあるんですね。

スマホでいかに見やすくするかが重要

その理由はテンプレート自体がスマホサイズに変換されないので、アプリでヤフオクを見たときに、商品説明が読みにくくなってしまうからです。

全体の画面ではテンプレートを利用している出品画面であっても、出品画面全体の商品説明では10行のテキストだけ抽出され表示されるので、ここまでは問題はなくいいんです。

テンプレートスマホ

しかし「続きを見る」のリンクから全文を開くと、テンプレートの一部しか表示されず、全文を確認するには縦横とスクロールさせたり、スマホ自体を横にして商品説明分を見る必要が出てくるんですね。

テンプレートスマホ2

本当に欲しい商品や凄い金額に魅力がある出品物ならば、読んでくれるかもしれませんが、そうでない人にとっては、このわずかな手間がストレスで、ページから離脱する原因になってしまうことにも繋がります。

改行だけで充分見やすくなる商品説明

自分の出品ページをなるべくストレスなく見てもらうためにも、商品説明分は縦スクロールだけで読めるようにするのがベストです。

テンプレートスマホ1

ただ改行するだけでもスマホ表示は簡潔かつ十分に見やすい商品説明になりますし、更に太文字や色文字を追加すれば、それだけで更に見やすくなります。

それはPC画面でも同じで、逆に簡潔シンプルで見やすいページになり分かりやすいくらいです。

テンプレートPC2

結論

その昔PCが主流の時には商品説明分にテンプレートを利用して、いかにアピールできる出品画面を作るかに重点を置いていましたが、アプリからのヤフオク参加が多い現在では、スマホでいかに見やすくするかが重要です。

そのためにはテンプレートを使わずにシンプルに「改行」と、出品フォームの機能にある「太文字」「文字色」「箇条書き」程度を使うことでシンプルかつ見やすい商品説明が作れます。

【商品の説明】
ブランド、メーカー:
型番:
カラー:
サイズ:【商品の状態】
使用状況:
注意事項:不明点はご質問ください。

出品フォームの「定型文を使用」を開けば、上のような雛形が出るので、それをベースに商品説明文を作り上げていくだけで十分です。

関連記事

ピックアップ記事

ジャパンネット銀行

売上金の振込みに手数料が発生しないのはジャパンネット銀行だけ

ヤフオクの売上金受取りは「PayPayへのチャージ」か「口座振込」の2択ですが、現金で受け取るための「口座振込」には手数料として100円が発…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る