「ネコポス」の厚さが2.5cmから3cmに拡大

10月1日から、フリマ・オークションサイト用の「ネコポス」の厚さが、2.5mmから厚さ3cmまで拡大します。

EC需要に対応しての規格変更

ネコポスは「31.2cm×22.8cm(1kgまで)」の角A4サイズまでのものを、宅配便同様の配達日数で、追跡ありのポスト投函までの発送サービスです。

今回 3cmに変更になるのは、メルカリ、ヤフオク!、PayPayフリマなどのフリマ・オークションサイトで利用する場合のネコポスなので、ヤマト運輸既存のネコポスは従来通りの2.5cmのまま変更はありません。

ヤフオク、PayPayフリマなら「ヤフネコ!パックのネコポス」、メルカリなら「らくらくメルカリ便」での厚さの規格が変わるということですね。

 
旧サイズ
新サイズ
厚さ2.5センチまで3センチまで
大きさ角A4サイズ同じ
重さ1kg以内同じ
料金出品者負担:170円
落札者負担:210円
同じ

コロナ禍の中でのEC需要増はフリマ・オークションサイトも例外ではなく、ポスト投函での非対面配送のネコポスの取扱量も急増しているとのこと。厚さ2.5cmを超える商品にも「ネコポス」を利用したいという声の多さからの決定のようです。

100均での厚さ計測スケールが便利

ネコポスで商品を発送するときには厚さの規格内に確実に収まっているか、自宅で計測は済ましておきたいところです。

計測するスケールは100円ショップでも購入できますが、その中でも「セリア」で売っているスケール(下画像)は、(1cm・2cm・2.5cm・3cm)の4つの厚さを測定できる優れものです。これが100円ですからセリア様様ですね。

スケール

今回の厚さが3cmになるのは、メルカリ、ヤフオク!、PayPayフリマなどのフリマ・オークションサイトでのネコポスだけですから、通常のヤマト運輸のネコポスは変わらずの2.5cmのままです。

セリアのスケールにも2.5cmのところにネコポスの表記がありますが、フリマ・オークションサイトで利用する場合は、これからは 3cmのところで測ることになります。

関連記事

ピックアップ記事

ジャパンネット銀行

売上金の振込みに手数料が発生しないのはジャパンネット銀行だけ

ヤフオクの売上金受取りは「PayPayへのチャージ」か「口座振込」の2択ですが、現金で受け取るための「口座振込」には手数料として100円が発…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る