Yahoo!とヤマト運輸のヤフネコがオークション画面から利用可能

ヤフオクの配送システムに組み込まれている「ヤフネコパック」というのは、ヤマト運輸の既存の配送方法の「宅急便」 「宅配便コンパクト」 「ネコポス」の3つをヤフオク仕様として、システムに組み込み、配送料金をお得にした発送サービスです。

ヤフネコパックはファミリーマート、セブンイレブ、ヤマト運輸、PUDOステーションから発送できます。

ヤフネコ!パック利用の最大のメリット

ヤフネコはヤマト運輸の「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」を利用するものになり、「宅急便」は60~160センチの大きい物まで対応、「宅配便コンパクト」は2種類の小ぶりの専用BOXを利用して発送、「ネコポス」はA4サイズまでのものを定額料金で発送できますから、ヤフオクで出品されている殆どの物がこの3つの発送方法で対応できます。

言い換えれば他の発送方法を知らなくても「ヤフネコ」だけ理解すれば、落札品の発送には対応できるんですね。

料金面も通常より安価に設定されていて、通常の「クロネコヤマトの宅急便」でサイズ60の荷物を「東京⇔大阪」に配送すれば、1015円(税込・持込割引は-100円)のところ、ヤフオク経由では765円(税込)で発送できるんです。

営業所持込みのマイナス100円(ヤフネコは持込割なし)で考えても、その差は150円ですから大きいものです。因みに送料を出品者負担で発送した場合には「東京⇔大阪」は600円です。

出品者負担は全国一律料金になるので、サイズ60の荷持なら送り先が北海道でも何と600円、凄いものです。

ヤフネコパックの料金表

ヤフネコ料金

ヤフネコの配送料金は3種類いずれも Yahoo!ウォレットからの支払いになり、現金の支払いはありません。

匿名配送

発送はすべて匿名発送になり、ヤフオクでの配送情報を読み込む2次元バーコードを、「ヤマト運輸」「PUDOステーション」、コンビニならば「セブンイレブン」「ファミリーマート」にて発行手続きができます。

配送追跡

「荷物追跡」ができ、宅急便・宅急便コンパクトの場合は「時間帯指定」も可能です。

全国翌日配送

宅急便、宅急便コンパクト、ネコポスともに、全国翌日配送が基本です。

補償付き

紛失・破損保証は、宅急便(30万円まで)、宅配便コンパクト(3万円まで)、ネコポス(3千円まで)対応しています。

ヤフネコパックの送り方

出品者側

ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便の荷物と、取引ナビで発行される2次元バーコードを「ヤマト運輸」「ファミリーマート」「セブンイレブン」「PUDOステーション」に持参し発送手続きします。

ヤマト運輸の場合は「ネコピット」にてダイレクトに送り状を発行させ、ファミリーマートは「ファミポート」で申し込み伝票を発行させ店員に渡します。

セブンイレブンは2次元バーコードをレジで読み取ってもらい伝票を発行し、PUDOステーションは画面手順に従いスキャンさせロッカーに荷物を入れ込み発送します。

配送料金は料金はYahoo!ウォレットから支払われるので、現場で現金を払うことはなく、受付が完了すると、落札者側に自動で発送情報の連絡がいきますので、個別で追跡番号などを知らせる手間もありません。

関連記事

ピックアップ記事

ヤフオクの売上金をPayPayで受け取るためには

ヤフオクに出品し落札された代金は、「Yahooマネーにチャージ」「銀行振込」「売上金で管理(一定期間経過後は銀行振込)」でしたが、その中のY…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る