キャンペーンで付与される期間固定Tポイントが8月からは「PayPay」に

「5のつく日」「サンデーくじ」「ラッキールーレット」などなど、ヤフオクでの Tポイントが貰えるキャンペーンって熱いですよね。たまにハズレや1%獲得なんて拍子抜けのものもありますが、それでも貰えるポイントは嬉しいもの。でもそのキャンペーンで付与される期間固定Tポイントは8月から「PayPay」に切り替わります。

「PayPayボーナスミニ」が新設でスタート

PayPayに切り替わるのはヤフオクだけではなく、Yahoo!ショッピング、LOHACO、GYAO!、Yahoo! JAPANカードも対象。期間固定Tポイントと同じようにPayPayも1円から使うことができます。

PayPayに切り替え

そして Tポイントにも「期間固定Tポイント」と「通常Tポイント」があるように、PayPayも使用期限によって「PayPayライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」の3種類に分かれています。

銀行口座、ヤフオクの売上金からチャージする「PayPayライト」は有効期限は変動した日から5年間、「PayPayボーナス」は特典やキャンペーンで付与されるもので変動から2年の有効期限、更に8月から新設される「PayPayボーナスミニ」という利用期限が60日と短いキャンペーン付与PayPayがスタートです。

PayPay残高

同じ有効期限が設定されていても、今までの「期間固定Tポイント」というのは使用場所がYahoo!サービスのみでしたが、これからの「PayPayボーナス(2年)」や「PayPayボーナスミニ(60日)」の場合も通常のPayPayと同じく、オンラインでのYahoo!サービスを含め、コンビニなどの加盟店でも利用できるのが嬉しいところです。

但しPayPayライトでは可能な「残高を送る機能」と「わりかん機能」は、PayPayボーナスとPayPayボーナスミニでは利用することができません。

PayPayはiOSとAndroidどちらにも対応。キャンペーンや特典もあるので要チェックです【android】【IOS】 

ちなみにTポイントの運営は(株)Tポイントジャパンというところで、主要株主は現在「CCCマーケティング50%」「ヤフー株式会社17.5%」「ソフトバンク株式会社17.5%」「株式会社ファミリーマート15%」という感じですが、 PayPayはソフトバンクとヤフーの両者によって設立した PayPay(株)が運営しています。

こうなるとPayPayに切り替わるのは当然の流れですね。

関連記事

ピックアップ記事

ヤフオクの売上金をPayPayで受け取るためには

ヤフオクに出品し落札された代金は、「Yahooマネーにチャージ」「銀行振込」「売上金で管理(一定期間経過後は銀行振込)」でしたが、その中のY…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る