損保ジャパンの家財保険で「置き配」の盗難を補償

損害保険ジャパンは2021年の1月に「個人用火災総合保険」を改定し、置き配の荷物の盗難や破損についても、標準的な家財保険の補償対象にするとのことです。

置き配補償

盗難や破損が対象になる

改定によって、損保ジャパンの家財保険に加入しているのであれば、玄関前、宅配ボックスや宅配バック、メーターボックス等に荷物を届ける「置き配」の荷物が盗難されたり、破損被害にあった場合に契約内容によって保険で補償されるとのこと。

従来の家財保険では屋外に置かれた荷物は家財とみなされず、盗難にあっても保険では補償されないとのことなんですね。知りませんでしたが、損保ジャパンの家財保険に関しては、再購入費用(契約内容によって異なる)を保険金として受け取れるようになります。

今までも置き配の補償を扱う業者向けの保険はあっても、ショップや配送業者がそもそも保険に加入していない場合や、加入していても適切に配送が完了しているために、盗難・破損被害があっても補償対象にならない場合も多いとのことです。ましてや個人売買が殆どのヤフオクでは置き配保険なんか聞いたことないですからね。

今回の置き配補償が魅力で損保ジャパンへ火災保険を変えたり、新規に家財保険をプラス加入することはあまり考えられませんが、これから新築して住宅ローンを組むとか、アパート・マンション入居に火災保険が必須であれば、選択肢の1つと考えられるかもしれません。

コロナ禍でネットショッピングでの買い物が拡大する中、非対面受取りの意味合いもある「置き配」の需要も確実に多くなっています。

それにアマゾンでは置き配がデフォルトになったことや、「Rakuten EXPRESS」での置き配の対応、ヤマト運輸の置き配に特化した配送サービス「EAZY」の始まりで、これからドンドン置き配が幅を利かせてくるのは確実ですから、今回の損保ジャパン以外の保険会社も「置き配」補償のサービスを打ち出してくることでしょうね。

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahoo!プレミアムというのは、ヤフーが用意した多くの特典を受けれられる月額462円(税抜)の有料会員です。 昔は税込みでも294円の時代…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る