クリックポストが10円の値上げ もうメリットを感じられない

クリックポストが人件費高騰の理由で、2020年4月から現行の188円から10円の値上げで198円になります。

<クリックポストの規格>
サイズ:34cm×25cm(最小14㎝×9㎝)
厚さ:3cm以内
重さ:1kg以内

もうクリックポストのメリットが感じられない

サービス開始時164円だった料金は2018年9月に21円値上げして185円、その後の2019年10月の消費税増税で188円という価格推移があり、消費税での価格アップはあるもののサービス開始料金から34円上がることになります。

164円なら送り状を自分で印刷して貼り付けるという手間があったとしても、利用価値ありだったんですが、さすがに198円ともなるとその他大勢の中の1つといった感じですね。

代わりは「ゆうパケット(おてがる版)」を利用

クリックポストが始まった2014年以降、ヤフオクで本を送るときには随分と利用しましたが、2016年にヤマト運輸の「ヤフネコ!パック」、2017年には日本郵便の「おてがる版」がヤフオクシステム連動での配送サービスとして、通常のネコポスやゆうパケットよりも安価で始まったのでクリックポストの出番も少なくなりました。

 サイズ料金
クリックポスト34㎝×25㎝
(厚さ3㎝以下)
198円
ネコポス
(ヤフネコ)
31.2㎝×22.8㎝
(厚さ2.5㎝以下)
出品者負担170円
落札者負担210円
ゆうパケット
(おてがる版)

縦×横×厚さ
合計60㎝
出品者負担175円
落札者負担210円

送料も通常版の「ネコポス」「ゆうパケット」よりもヤフオク版の方が安くなっていますし、送料を出品者負担にすると更に安く発送することができます。

特に「ゆうパケット」は通常版(3㎝厚)が360円なのに対し、ヤフオク版なら210円とかなりのお得さ。出品者が送料を負担するのなら通常版より185円も安い175円で利用できます。

フリマアプリでの送料込み出品の流れは確実にヤフオクにもきていますから、単純に出品者として負担する送料が安く、しかも発送がシステム上から簡単にできる「ゆうパケット(おてがる版)」の利用頻度はこれからも間違いなく増えていきそうです。

 

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahoo!プレミアムというのは、ヤフーが用意した多くの特典を受けれられる月額462円(税抜)の有料会員です。 昔は税込みでも294円の時代…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る