要冷蔵商品発送への注意喚起

消費者庁はヤフオク、メルカリ、ラクマの3社に対し、冷蔵が必要な食品の常温配送は認めないようにする規約の見直しと共に、利用者にも注意を呼び掛けています。

要冷蔵商品の常温発送はダメ

これまで購入先がフリマアプリ等での食中毒被害の報告はないようですが、贈答用のハムやソーセージなどの要冷蔵食品を常温の通常発送している例もあったことから、これからのお歳暮シーズンを前の消費者庁からのお達しのようです。

消費者庁の注意喚起

確かにお歳暮やお中元で販売されているような贈答用の真空パックされているハム類などは、売り場で常温展示されているイメージがあるので「冷蔵じゃなくても大丈夫」と勘違いしやすいところですが、商品の保存方法をよーく確認してみると、要冷蔵○℃以下なんて書かれているものが殆どです。

ハム類を含め密封食品でも、レトルトパウチは除き冷蔵保存品は多いすからので、自分の認識で大丈夫ではなく、商品の表記を確認した上でクール便を利用するなどの対応が必要です。

このような注意喚起の後に、自分が出品したもので食中毒被害が出るようなことがあれば、法律上の責任を問われることにもなり兼ねないので、賞味期限、保存方法記載部分の画像表示、商品説明での詳細明記、発送方法の選択など十分な注意が必要ですし、もし「これどうなんだろう?」と自信がないのなら食品の出品は止めたほうが無難ですね。

関連記事

ピックアップ記事

ヤフオクの売上金をPayPayで受け取るためには

ヤフオクに出品し落札された代金は、「Yahooマネーにチャージ」「銀行振込」「売上金で管理(一定期間経過後は銀行振込)」でしたが、その中のY…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る