KSI官公庁オークションがもうすぐスタート

税金の滞納者から差押え品を販売する「インターネット公売」、また役所で不要になった財産を売却する「公有財産の売却」がWEB上で行われていた Yahoo!官公庁オークションが終了してから少しの時間が経ちますが、2021年7月からは「KSI官公庁オークション」として経営母体も変わりサービスが復活します。

新しい名前は「KSI官公庁オークション」

新しい官公庁オークションの名前は「KSI官公庁オークション」という名称で、運営は東京千代田区にある「紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI)」が行います。KSIは2017年にヤフーの子会社として設立され、2020年4月にヤフーから独立した民間コンサル企業で、代表は元々はヤフーにいた人のようです。

しかし新サービスのシステムはヤフーのものから一新され、 Yahoo!官公庁オークションにはなかったスマートフォンからの利用も可能、入札保証金の納付にあたっては、SBペイメントサービス株式会社と契約し、Visa、Mastercard、JCB、Diners Club International、American Expressの各クレジットカードが利用できるようになっています。

また行政機関の所有していた財産を売却する「公有財産売却」の方では、入札が1回しかできない一発勝負の「入札形式」のみの出品しかなかったんですが、新しい官公庁オークションは自動入札で競い合ってくれる「せり売り形式」でも展開されます。

開催スケジュール

開催は Yahoo!官公庁オークションはインターネット公売が年8回、公有財産の売却が年6回でしたが、KSI官公庁オークションではそれぞれ年4回です。

直近の開催スケジュールは下記の通り。

【インターネット公売】
■参加申し込み期間
7月8日(木)13時~
7月28日(水)23時
■入札期間
<せり売形式>
8月3日(火)13時~
8月5日(木)23時
<入札形式>
8月3日(火)13時~
8月10日(火)13時
公有財産売却】
■参加申し込み期間
7月14日(水)13時~
8月2日(月)14時
■入札期間
<せり売形式>
8月16日(月)13時~
8月18日(水)23時
<入札形式>
8月16日(月)13時~
8月23日(月)13時

 

これから始まる新しい官公庁オークションですが、もともと入札保証金や入札の事前申し込みなどの手間で敬遠されがちなオークションの上、まだあまり周知されていない開始当初はライバルも少ないでしょうから、もし欲しいものが見つかれば意外な金額で買える可能性は大きいですね。

KSI官公庁オークションぺージ

関連記事

プレミアム

ヤフープレミアム会員は得か損かを徹底解説!

ヤフープレミアムいうのは、Yahoo!が用意した多くの特典を受けれられる月額462円(税抜)の有料会員です。 昔は税込みでも294円の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る