長い髪の毛をバッサリいくのなら、ヤフオクに出品しましょう

むかしテレビで放映されていた、自分の髪の毛を売る中国人のドキュメンタリー番組が非常に記憶に残っていますが、ここ日本でも女性限定ですが長く伸びた髪の毛は、ウィッグやエクステなどの素材として高値で売れるんです。

長くて量があるものが売れる

まず見て欲しいんですが、ヤフオクでの過去180日間(現在2021年9月)に落札された髪の毛の最高額はなんと160,000円です。長さも83センチとなかなかのものですが、過去には200,000円越えでの落札もあるんですね。

およそ一か月に1センチしか伸びない髪の毛は貴重なものですから、価格は「長さ」と「重量」に比例して高くなる傾向にあります。

髪の毛出品カラーリングされている髪の毛も、黒髪より需要は少ないですが落札されています。

髪カラー
売るための条件は、30歳以下の女性の髪の毛でパーマやクセ、痛みのない最低15センチ以上の髪の毛。特に高額の落札になる髪の毛の条件は、ヘアーカラーやパーマなど何もしたことのないバージンヘアーの長いストレートの黒髪です。

ただこれは国内買い取り業者の指標なので、ヤフオクなら40歳代でも質が良ければ落札されています。

髪の毛が売れる条件

  • 女性の髪の毛(男性はほぼ需要なし)
  • 年齢は基本30歳以下(殆どが10代か20代)
  • なるべくストレートで白髪のない髪
  • 長さ15センチ以上で、ある程度の量があること

なぜ髪の毛は売れるのか

ヘアーカットでバラバラに短く切られた髪はもう廃棄物でしかありませんが、長く切り揃えられた質のいい髪の毛は、下のような需要があります。

エクステ・ウィッグ・かつら作成用

エクステ・ウィッグ・かつらには人工毛にはない自然の風合いが好まれることから人毛が使われるものもあります。国内買取品以外にも、日本人の髪色に合った中国、東南アジアなどの地域からも輸入されています。

美容師の練習用

美容師の練習で使うカットマネキンの素材ウィッグに人毛が使われるものもあります。多くは輸入品ですが国産もあります。

人形(フィギュア)作成用

日本人形店をはじめ、個人の人形作家にも素材として髪の毛を利用することがあります。

コレクター

これは売る側としては気持ちのいいものではないですが、髪束を集めるコレクターもいるようです。出品すれば多く質問もきますが、その内容を見ると明らかに「これコレクターだよね」と分かります。

出品を考えて髪の毛を切るのなら

これから髪の毛をバッサリとカットする予定があるのなら、その切った髪の毛を売らない手はありませんが、闇雲にカットしてしまうと髪の毛を綺麗に束ねることもできなくなるので、段取りを理解してからカットしましょう。

1.完全に乾燥していること

ほんの少しの湿り気もカビや雑菌の原因になるので、洗髪してすぐのカットはダメです。完全に乾いている状態でカットします。

2.小さい束に分けてカットする

カットしてから束ねようとしても、もう綺麗に束ねることはできないので、髪を小さいブロック束に分けてからゴムで結び、結び目の1cm上位をカットします。毛束を太くしてしまうとカット面が綺麗に出ないので、5束、6束くらいがベストです。

3.重量を計る

切った髪の毛をラップで包んで秤で重量を計測します。何グラムなのかの写真を撮り出品画像として使い、その後ジップロック等に入れて発送前の保管をします。

出品画像はカットした証拠として分かるもの

商品タイトル、商品説明には「国籍」「性別」「年齢」「何センチ」「何グラム」「カットした日」の表記をしますが、出品画像が髪の毛の束だけだと、その情報が本当なのかの確認ができないため、入札が控えられることもあります。

顔出しの必要はないですが、最低でも後ろ姿のカット前・カット後の写真は必ず掲載しておきましょう。

掲載しておきたい画像

  • 切る前の後ろ姿
  • 切った後の後ろ姿
  • 束ねた後の後ろ姿
  • 髪の重量表示のはかり

カット予定があるのならヤフオクへ出品

髪の毛を買い取ってくれる業者もいくつかありますが、買い取りの基準は決して高いものではないので、少しでも高く売るのなら可能性のあるヤフオクへ出品するべきです。

⇒ ヤフオク!での髪の毛の落札相場(高い順)

長さによっては高額落札も期待できますし、そこそこの長さでもヤフオクに出品することでカット代の価格くらいは期待できるというものです。ちなみにメルカリでは何故か髪の毛の出品はないんですね、禁止品ではないと思われるんですが・・

関連記事

ヤフペイ

ヤフオク出品に挑戦ーいらないものを売ってPayPayにしよう

幾つか落札すれば次は出品に挑戦です。 落札でヤフオクの流れが解っていれば難しく感じるものはなく、商品の撮影をして出品フォームに入力して…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る