ジャパンネット銀行を利用した「Yahoo!かんたん決済」の支払い方法は3種類

Yahoo!かんたん決済のクレジットカード利用率は高いですが、人によってはクレジットカードに抵抗があって銀行からの支払いを選択している方もたくさんいるのも事実です。

Yahoo!の子会社になっているジャパンネット銀行は、当然のことヤフオクでの利便性も高く、ヤフオク代金支払いのYahoo!かんたん決済でも、 3つの方法でジャパンネット銀行が利用できるんです。


スポンサーリンク

ジャパンネット銀行を利用する支払方法は3つ

ヤフオクの落札代金の支払方法は現在、ストア、特定カテゴリを除き、全てがYahoo!かんたん決済のみ。その支払い方法の中には「ジャパンネット銀行支払い」という、そのままの名称のものがありますが、それ以外にもジャパンネット銀行を利用した Yahoo!かんたん決済での支払い方法が2つあります。

3つのどの方法でもジャパンネット銀行を利用しての支払いには 1%分のTポイントが獲得できます。ちなみにジャパンネット銀行は 唯一、Tポイントを現金化できる銀行なんですが、変換率は85%と残念な感じ。
ジャパンネット銀行04

1.「預金払い」利用のジャパンネット銀行払い(Tポイント2%獲得)

jnb預金払い

まず最初は、「Yahoo!マネー払い/預金払い」です。

2種類が一緒になっていますが、Yahoo!の電子マネーの「Yahoo!マネー」と、そのYahoo!マネーにチャージ可能で、リアルタイムでの口座引き落とし決済もできる「預金払い」の2つが一括りになっているものですが、この預金払いにジャパンネット銀行口座を指定してあると、ジャパンネット銀行から代金を支払えます。もちろん即時引き落としです。

預金払いに登録できる銀行は、みずほ・三菱UFJ・SMBC・りそな・ゆうちょ銀行など現在60銀行ほど。

 利用可能な金融機関

預金払いからの支払いは1%のTポイントを獲得できるので、ジャパンネット銀行利用の1%と合わせて、2%のTポイントを獲得できるのがこの支払いの最大のメリットですね。

●預金払いとは
預金払いに登録してある口座から、即時に代金が引き落とされる決済手段です。ヤフオク以外にも、Yahoo!ショッピング、LOHACOの支払いにも利用ができ 1%分のTポイントが獲得できます。
■利用するには
預金払い口座にジャパンネット銀行の口座を登録すること。

2.インターネットバンキング払い(Tポイント1%獲得)

インターネットバンキングjnb

こちらは昔からある Yahoo!かんたん決済の「インターネットバンキング払い」のことです。インターネットバンキングを利用できる銀行ならどこの銀行でも支払い可能。

ジャパンネット銀行を利用して支払えば、1%のTポイントを獲得です。

■利用するには
ジャパンネット銀行に口座があること。

3.ジャパンネット銀行支払い(Tポイント1%)

ジャパンネット支払い

これが1番オーソドックスなジャパンネット銀行払いです。

残念ながらTポイントの還元率は「インターネットバンキング支払い」と同じ 1%です。大々的に1枠使ってジャパンネット銀行と謳うのならば、せめて2%にはして欲しいところですね。

■利用するには
ジャパンネット銀行支払いをするには、Yhaoo!ウォレットの支払い口座に登録が必要。

同じジャパンネット銀行を使うのなら「預金払い」から

ジャパンネット銀行利用で落札代金を支払うのなら、Tポイントが2%獲得できる「預金払い」がオススメです。

「ヤフオクくじ」や「サンデーくじ」または「5のつく日」のYahoo!のポイント攻撃からすれば、正直2%って感じもしますが、貰えるものは全て貰うという考えならば、プラス2%にしないのはもったいないですからね。

それに些細なことですが支払いのときには、IDやパスワード入力が省かれますから、数クリックで入金できるのでありがたいことです。

ジャパンネット銀行口座開設

関連記事

ピックアップ記事

yahoo1プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahooプレミアム会員というのは、ヤフーが用意した特典を受けれられる月額498円(税込)の有料会員です。昔は税込みでも294円の時代もあっ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る