官公庁オークションでバイクを買う

官公庁オークションというのは、税金滞納者からの差し押さえ品を売却する「インターネット公売」と、各行政機関が所有している財産を売却する「公有財産の売却」の2種類を販売するオークションですが、オートバイの出品が多いのは断然、差し押さえ品を売る「インターネット公売」の方です。

役所の財産を売る「公有財産の売却」の方もバイク出品は多少はあるものの、公用車として使われていたスクーターやスーパーカブ、排気量が少し大きいものは消防署でお払い箱になった赤いバイクぐらい。

その逆に税金未納で差し押さえられたバイクの方は一般人が普通に使っていたものですから、出品バイクの中にはレアな旧車から生産数が少ない限定車、そうでなくても新しく程度の良い状態のバイクも混ざっているんです。


スポンサードリンク

希少価値の高いバイクも出品される

今回、5月から開催される国税庁が出品の官公庁オークション(インターネット公売)では、税金の滞納者から差し押さえられたオートバイが20台以上台出品され、その殆どが絶版車で希少価値の高いものなので注目が集まっています。

その中でもスタート価格で1番高いのは、フルカスタムされたカワサキの「Z1100GP」で、最低入札価格が何と 180万の高額ですから凄いものです。

現在の相場よりも少し高い気もしますが、フルカスタムの上に走行距離が204キロというならそれも納得です。

kankou514-02

また世界生産2000台の「ドカティー PS1000LE」も出品リストにあり、こちらは走行距離894キロで最低入札価格は90万円というもの。

kankou514-01

どちらも関東信越国税局(さいたま市)が差し押さえたものでなかなかの品物です。

絶版車や希少車というのは余り値落ちしないのがいいところで、散々乗り回しても買った金額と同等か、もしかしたらもっと高値でで売り抜ける可能性がありますからね、魅力があります。

行政機関が親切に教えてくれる

とはいってもオークションでバイクを買う、しかも官公庁オークションでとなるとやっぱり敷居が高いものです。

バイク自体の値段も高いし、所有権の変更などの手続きや書類揃えが大変な感じはします。

車の場合は行政機関が職権で運輸支局に嘱託しすべてやってくれる神対応もありますが、バイクの場合は名義変更などの手続きは、購入者側が行うと思って間違いはありません。

しかしなまじ個人売買と違い、売ったら売りっぱなしということは行政機関では絶対にありえないので、滞りなく売買が完了するまで手取り足取り、どんな書類が欲しいか、次に何をやるべきかをリードしてくれるのは安心材料といえます。

購入には参加申込みから

官公庁オークションは全て入札前に参加申し込みが必要です。

そして商品によっては保証金を必要としますが、金額は開始価格の1割程度から、悪戯入札防止と参加申し込みだけして入札はしないというのを回避するためには必要なものです。保証金は落札できた場合には落札代金から引かれ、落札できなければ返金されるので心配ありません。

そして実際の入札方式は何回でも入札できる(セリ売り形式)か、1回しか入札できない(入札形式)が指定されますが、殆どのバイク出品は(せり売り形式)で行われます。

kankou422-01

下見会がある

バイクの現状を確認するために出品行政機関では現物を確認する「下見会」が開催されます。購入意思があるのならこれは絶対に行きたいところですね。自治体によっては予約が必要な場合や、先着数名だけ受け付けるという場合もあるので要確認です。

落札できたら

見事落札できたら出品している行政機関から連絡がくるので指示に従っていきます。

やることは「購入申込書」の提出から、検査証記載事項変更手続き(名義変更)に必要な書類などを送ってもらうなど。また出品者の方では配送手続きは絶対にしないので車両引取の段取りも付けますが、もし日程が伸びる場合は「保管依頼書」等も提出することになります。

注意すること

官公庁オークションからのバイク購入は業者購入と違い整備なしの現状車両渡しです。オークションの出品説明文にも、「公売物件について瑕疵担保責任を負いません」と殆どといっていいほど明記されています。

瑕疵(かし)とは品質・性能を有していないという意味合いですので、瑕疵担保責任は購入した時には明らかになっていない隠れた瑕疵が合った場合には責任の対象外ということ。

バイクの販売業者と違い素人がチェックするわけですから、外見の良し悪しは確認し説明できても、エンジンの調子や現状の性能面などは乗車して確認してみても、自分のバイクでもない限り判断は難しいというかできないものです。

そのためにも下見会には必ず出向き、自分の目で判断しなくてはいけません。


スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレミアムTOP

Yahooプレミアム会員は制限なく出品できる

Yahooプレミアム会員は、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜)の有料会員です。 「ヤフ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る