「落札システム利用料」Yahooかんたん決済時はその都度

2017年3月16日以降の出品から落札システム利用料が少し変更になるようです。
とはいっても落札システム利用料の料率が変更になるのではなく、「Yahooかんたん決済」で落札代金を受取る場合に限り、落札代金から1回、1回差し引かれるようになります。

Yahooかんたん決済で支払われた場合のみ

落札システム利用料というのは、商品が落札された時にYahoo!に支払う手数料のこと。

前月16日~当月15日までを1ヶ月とし、この期間の落札された金額の総額から 8.64%(税込)が落札システム利用料として、「yahoo!ウォレット」から引かれているのが現状です。

それが2017年3月16日以降は、「Yahooかんたん決済」で支払われた場合だけ、落札されたその都度、落札システム利用料が差し引かれた金額を受取ることになります。

まあ、まとめて8.64%引かれるか、その都度8.64%引かれるかだけのことですが、それでも2017年2月からは、強制的に「Yahooかんたん決済」が出品時に設定されるようにもなるので、現状でも「Yahooかんたん決済」の利用率が非常に高い中、更に利用率が多くなります。

これはもう事実上、落札システム利用料はその都度支払うものと考えても過言ではないかもですね。

送料の考え

出品者が送料を負担する場合

出品者が送料を負担する場合での出品の落札金額は、送料が幾らであっても商品代金となるので、落札された金額に落札システム利用料(8.64%)が徴収されます。

落札者が送料を負担する場合

送料は商品代金には含まれないので、落札された金額にのみ落札システム利用料(8.64%)を徴収されます。

ハジメ さん
例えば、送料出品者負担のオークションで 1,000円で落札された場合は、8.64%を引かれた 914円が入金されます。


スポンサーリンク

 

関連記事

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜)の有料会員です。「ヤフオクに何の…

おすすめ記事

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン
ページ上部へ戻る