落札通知メールに詳細を入れる

落札後に届く、落札通知を編集する

落札後にYahooから自動配信され落札者に届く「落札おめでとう通知」メールの中に、メッセージを入れ込めるんです。

落札通知02

文字数に制限はないので長文を入れ込むことも可能。 なので最初に落札者に送る分の取引ナビもこの中に入れてしまうことができるので便利に使えます。

通常、落札後の取引の始まり方は出品者が取引ナビにて、入金先や発送方法、出品者情報などを送ることからスタートしますが、「落札通知」メールの中に、始めに送る分の取引ナビの内容を明記しておけば、出品者側は連絡待つ立場になりますからね。

特に送料が決まっている場合は入金先も「落札通知」に明記しておくことにより、落札者から始めに来る取引きナビは「入金しました」の連絡になるので、直ぐに発送作業に移れるというものです。

もちろん取引の詳細でなくても、「今回は落札頂きまして大変ありがとうございます。こちらから詳細をご連絡いたしますので少々お待ちください。」的な挨拶程度でも構いませんよ。

メッセージを入れる場合は告知を十分に

ただ、メッセージを入れ込む場合には、十分に商品説明で告知しておかないと「いつまで経っても連絡がない」、落札した先方からすれば、連絡を寄こさないいい加減な出品者になってしまうので注意です。

落札通知01

落札通知に入れるメッセージの文例

それぞれの取引で落札者に送る詳細は違いますが、下記のような長いメッセージでも入力は可能で、しっかり落札通知に表示してくれます。はじめまして、出品者の○○と申します。
落札通知に入れる文例”>この度は落札して下さり大変ありがとうございます。

お取引終了までの短い間ですけど
何卒よろしくお願いします。

さて、詳細です。
商品代金と送料を合わせました金額を、
Yahoo かんたん決済での支払いか、下記金融機関に入金をお願いします。
入金が確認でき次第、商品を発送させて頂きます。
—————————————————————–
≪入金先≫
『ゆうちょ銀行』 記号(12345) 番号(1234567) ○○○○
『ジャパンネット銀行』 本店(001) 普通(1234567) ○○○○
—————————————————————–
1.住所
2.氏名
3.電話番号
4.入金先
5.入金予定日
—————————————————————–
上記を教えて下さい、お待ちしております。

※今回の御注文におきまして
御不明な点など御座いましたら御遠慮なくお申し付け下さい。

〒123-4567
△△△県□□市◇◇町1234
○○ ○○
090-1234-5678


スポンサーリンク

 

関連記事

ピックアップ記事

プレミアム

Yahooプレミアム会員は得か損かを徹底解説!

Yahoo!プレミアムというのは、ヤフーが用意した多くの特典を受けれられる月額462円(税抜)の有料会員です。 昔は税込みでも294円の時代…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る