落札されたら

まずは落札者からの連絡を待つ

自分が出品した商品が見事落札されれば、これからは落札者との個人間取引に移ります。

相手は自分の商品を買ってくれた人、ここは迅速且つ丁寧な対応を心掛け、とにかく「落札したのが自分だったら」の気持ちで相手のことを考えた対応をしていけば間違いはありません。

落札者側の「取引きをはじめる」ボタンが押されてから、取引スタートになるので、出品者は待ちの状態から始まります。

落札者の方には事前登録した出品者の情報や、今回のオークションの発送方法、支払方法が落札者に開示されるので、それらを確認した落札者からの連絡待ちになるんですね。

管理人
「かんたん取引」はボタン操作で取引きを進め、始めは落札者側からのクリック待ちになります。

かんたん取引626

Yahooかんたん決済の受取口座をする

Yahooかんたん決済は、出品者と落札者の間にYahooのシステムが入ることで、落札代金を支払ったり、受取ったりできる決済方法になり、その1番の特徴は何と言っても、ヤフオクのような個人間取引にクレジットカード払いが利用できることです。

実際に取引していると、Yahooかんたん決済で支払ってもらうことは非常に多く、利用率の高い決済方法です。落札者がYahooかんたん決済で支払うことができるためにも、出品時に利用許可にしておかなければいけません。

入金確認してから商品発送する

落札者側から「入金しました」の取引ナビをもらい、実際に金融機関で確認せずに商品を発送したら、口座番号違いで入金されていなかった、または入金はあったが金額が違っていたなどのことは意外とあることです。

そうなった場合に肝心な商品が手元にないというのは、切り札がないのと同じ、そうならないためにも入金確認は確実におこなった上で商品発送しなければいけませんね。

管理人
入金のあったことだけを確認するのではなく、入金の金額も確認しましょう。商品発送してから入金額の違いの発覚は、面倒ですからね。

お問合せ番号があれば連絡する

間違いなく入金があることを確認してから商品を発送しますが、ゆうメール・レターパック・メール便・宅配便などには、「お問合せ番号」があります。この番号で荷物の追跡や問い合わせができるので、商品発送の取引ナビには必ず明記してあげましょう。

評価を付けて取引終了

落札者に商品が無事に届けば、商品到着の意味も含めた評価を送られることになります。

こちらも今回の取引に対して、【非常によい】【良い】【どちらでもない】【悪い】【非常に悪い】から選び、127文字以内のコメントと一緒に送ります。

評価

評価127

中には「買ったものを知人に知られたくない」「使い終わったらまたヤフオクで売る」などの理由から、評価を付けないでという落札者もいますから、間違っても評価を付けてしまわぬように気を付けなければいけません。

 

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜き)の有料会員です。「ヤフオクに出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る