ヤフネコパック「宅急便」の規格とファミリーマートで送る方法

ヤフオクの配送システムに組み込まれている「ヤフネコパック」というのは、ヤマト運輸に元々ある「ネコポス」「宅急便」「宅急便コンパクト」の3つの配送サービスをヤフオク版として、通常料金よりも少し安く利用できるものです。

ヤフネコパックを利用するには、出品する時の入力フォームに配送方法として選択しておく必要がありますが、ヤフオクのシステムに組込まれている配送方法だけあって送り先情報の入力などは一切なく、落札後は 2次元バーコードを発行させ、コンビニの端末に読み込ませるだけ。慣れてしまえばとても簡単な発送方法です。

このページではヤフネコパックの「宅急便」をファミリーマートから発送する手順ですが、発送の仕方はその他の「宅急便コンパクト」「ネコポス」も同じ流れです。


スポンサードリンク

 

ヤフネコパック「宅急便」の料金と規格と注意点

ヤフネコパックの「宅急便」で送れる大きさは 縦+横+高さの合計が60cm ~ 160cmのもの。60cm以下のものが対応でないのは「宅急便コンパクト」があるからです。

そして配送料金は通常のクロネコヤマトの宅急便よりも安く設定されています。

↓↓ 下は東京からの料金

yafuneko402-01

→ 発送場所、到着場所、荷物の大きさが分かるのなら(ヤフネコ「宅急便」料金ページ

例えばサイズ120の荷物を(東京⇔北海道)(東京⇔大阪)(東京⇔福岡)で、「ヤフネコの宅急便」と通常の「クロネコヤマトの宅急便」と比べても送料が安いのが分かります。

(例)サイズ120ヤフネコ「宅急便」クロネコ「宅急便」
東京⇔北海道1,523円1,836円
東京⇔大阪1,307円1,512円
東京⇔福岡1,620円1,836円

通常の宅急便にある営業所への持ち込み割引(-100円)を考え他としても、ヤフネコ宅急便の配達料金は安い設定といえます。

ヤフネコパックの注意点

送れる重量は 25kgまで対応なんですが、面倒なことに各サイズごとにも重量制限も設けられているので、小さいサイズで高重量のものは送れないようになっているんです。

管理人
大きさ、重さのどちらか一方がサイズの既定値を超えている場合は、超えている方のサイズの扱いになるんです。

yafuneko401-02
そしてヤフネコパックはヤフオクの落札品しか送ることができません。

同じ Yahoo!とヤマト運輸提携の「はこBOON」の方は、ヤフオク落札品でなくても利用できるので区別か必要です。

またヤフネコパックを利用する場合は、出品時の入力フォームで選択しておく必要があるので、落札後に「ヤフネコパック3種類のどれかを使いたい」と思っても後からの利用はできないので注意です。

ヤフネコ料金の支払い方法

ヤフネコパックの「ネコポス」「宅急便」「宅急便コンパクト」の料金の支払方法は、Yahoo!ウォレットの支払い口座から払うことになるので、荷物を出荷するコンビニなどで現金払いなどは不可です。

Yahoo!ウォレットということは、ヤフオクでの「Yahoo!プレミアム会員費」や「落札システム利用料」、「各種オプション代金」などのシステム手数料と共に支払うことになります。

もし出荷する都道府県が変わり、配送料金が変わってしまうような場合は改めて送料の計算が自動でされるので、こちらで何かする必要はありません。

ヤフネコパックの発送方法

ここからは商品が落札された後、ファミリーマートで商品を出荷する流れです。

二次元バーコードを発行させる

落札された商品の代金を先方が支払うと、次は出品者が商品を発送する順番になります。

出品時に「ヤフネコパック」を利用するを選択してある場合のみ、「二次元バーコードを発行する」ボタンが出現するので、ワレモノ指定した後に、二次元バーコード(QRコード)を発行させます。

yafuneko331-08

ここで発行される二次元バーコードは「コンビニ用」なので、もしヤマト運輸の営業所などで出荷する場合には、「ヤマト運輸用」を表示させましょう。

管理人
ヤフネコパックは手動入力で送り状を発行できないので、「二次元バーコード」がないと荷物の発送はできません。

スマホアプリで表示させるか写真で撮影しておく

スマホのヤフオクアプリを開けば同じ二次元バーコードは表示されますが、パソコン上の二次元バーコードを写真撮影したものでも問題なくコンビニで読み込ませることはできます。

荷物と一緒に持参してファミリーマートに持って行きます。

yafuneko401-01

コンビニ端末の操作

ファミリーマートには「Famiポート」なるグリーンの端末があります。これを利用して申込券を発行させます。(送り状はFamiポートからは出てきません)

【1】操作画面には「ヤフネコパック」なる名称のボタンがないので一瞬迷うところですが、「配送サービス」のボタンから入っていきます。

【2】操作を進めると「二次元バーコード」の読み取りを要求してきますので、バーコードをセンサーに翳して読み込ませます。

【3】「Famiポート」の画面には、配送先・商品情報が表示されるので、間違いがないか確認します。

【4】最終確認を終えると申込券が「Famiポート」から発券されるので、荷物と一緒に店員さんに渡します。
yafuoku331-07

送り状を封筒に入れ荷物に貼り付ける

申込券と荷物を店員さんに渡すと、申込券のバーコードを読み取り、カウンター後ろのプリンターから送り状を印刷してくれます。

「送り状」と「送り主控」が手渡されるので、送り状の方を専用封筒(小さい)に入れます。

yafuoku331-06

送り状を入れた封筒を荷物に貼り付ければ全て終了です。この作業は出荷人の仕事なので店員さんはやってくれないことを憶えておきましょう。

コワレモノ指定してある場合はシールを貼ってくれますし、天地無用(ひっくり返しはNG)の場合でも、お店にシールがあれば貼ってくれますよ。


スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜)の有料会員です。 「ヤフオクに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る