出品中の管理

出品中にやること

ヤフオクに出品できたら、オークション終了まで管理をしていきます。

オークション終了までの間、アクセス数やウォッチリスト数など動向を把握し、芳しくないときには有料オプションを利用してアクセスを増やしたり、もし質問があった場合などは迅速に返答するなどしますから、ボーっとしている暇はありませんよ。

出品中の管理

質問は迅速に答える

これなら質問がこないような商品説明文を作っても、意外な質問や要望などが質問欄から届くもの、当然買う側は失敗したくないですから、分からないことはドンドン聞いてきますよ。

質問と回答は第3者にも公開されるので、1人の質問は当事者1人だけに回答すると考えずに、見えない複数の人にも回答していると考えて文章を作るといいですね。

質問回答

 

説明漏れも後から追記もできる

商品説明で明記し忘れた説明などはオークション出品後でも追記できますので、気が付いたことは直ぐに追記しておきましょう。

追記

アクセスが微妙なら「注目のオークション」を設定する

前ページでも少し説明しましたが、注目のオークションは、各カテゴリの商品一覧の上部に位置している「注目のオークション」欄に自分のオークションを掲載することができる有料オプションになり、1日/21.60円以上の設定金額が高いほど、注目のオークション内で上位に表示されますから、アクセス増が期待できる有料オプションです。

オークションも検索エンジン同様、上位表示がアクセス増に繋がりますので、アクセスの少ない場合には開催途中からでも設定することで効果が現れます。

管理人
注目のオークションは最強のオプション。品番からたどりづらいカテゴリに使うと威力を発揮しますよ。

注目のオークション

途中でオークションの取消しも可能

出品してから手持ちの商品に不具合が生じた場合や、落札後にクレームになりそうな傷や欠点を発見した場合などはオークションを取消すことができます。

入札が既に入っているオークションは「出品取消システム手数料/540円」が発生しますが、入札がなければ手数料は掛かりませんので、直ぐに取消して再出品しましょう。

オークション終了前でも早期終了が可能

出品時に早期終了にチェックを入れた場合のみ、入札があるオークションを途中で終了させることができます。あまり早期終了することはありませんが、現行価格で売ってもいいと考える場合には使う場合があるかもしれません。

開催中に入札の取消しができる

入札の取消しは勿論のこと入札者側ではできず、出品者側でしか行なえません。例えば入札間違いでの取消依頼や、評価が悪過ぎて落札後のトラブル防止を考え、入札を取消すことも考えられます。

NEXT>> 落札されたら

 

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜き)の有料会員です。「ヤフオクに出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る