値下げ交渉はどうなの

今まで出品でも落札でも、値下げ交渉なる機能は利用したことはなかったけど、今回はじめて値下げ交渉が設定されているオークションと、自分が欲しい商品のオークションが合致し、価格を交渉して落札しました。

それも自分が想像していた金額より安く買えましたからね、何だかいい感じです。でもリリースされて何年も経っているんですが、なかなか当たらないものですね。

値下げ交渉とはこんな感じ

  • 「値下げ交渉あり」で出品しているオークションのみ対象
  • 定額(スタート価格=即決価格)オークションしかない
  • 出品者が交渉を受けた時点で落札になる
  • 交渉から48時間経過すると交渉未成立になる
  • 同じオークションで3回まで交渉できる
  • 再出品になると交渉回数はリセット

ヤフオクの値下げ交渉という機能は入札者が出品者に対して、「落札金額を少しまけて欲しい」とダイレクトに金額を入力して交渉できる機能のことです。

素晴らしいですね、でも常識はずれの金額は相手にされないので常識の範囲での金額交渉にしなければいけません。余りに常識から外れているとブラックリストに入れられて、欲しくてもその後の入札ができなくなってしまいますから注意ですよ。

値下げ交渉の対象になるオークションは、出品者が設定したオークションのみになり、当然、通常の入札で競い合うオークションは対象外で、定額出品(スタート価格が即決価格)のオークションだけになります。

昔は大きな交渉ボタンが表示されていたんですが、今は即決価格の横に「値下げ交渉する」のリンクがヒッソリとあるだけなので、該当オークションでも気付いていない人もいるかもしれませんね。

値下げ交渉02

交渉は3回まで

値下げ交渉は同じオークションに3回まで利用できます。開催中におこなった交渉は48時間有効なので、その間に出品者が金額を了承すれば、その時点で落札が決定します。

実際の交渉金額を決める場合は、不人気商品でない限り、過去の落札相場を考慮して決めるのが現実的でベストかと。値下げ交渉を設定するような出品者は、高確率で過去の落札相場はチェックしてますからね、高額商品なら尚更です。

ですので、1回目の交渉は落札相場の10~20%安位、ダメなら2回目は相場近くで交渉すれば、高確率で交渉成立になることでしょう。何回も再出品されているような商品ならもっと攻めてもいかもしれません。

管理人
交渉金額はその商品の直近の落札相場を参照して決めるのが現実的でベストです!

値下げ交渉04

交渉を断られた場合には、「希望に答えられない」「高い金額を希望している」「◯◯円以上を希望」のような、3通りのどれかの回答が来ます。

出品者が設定するには

値下げ交渉は、出品時に定額出品(スタート価格が即決価格)でしか設定はできません。

途中で入札がないから、値下げ交渉を設定しようとしてもできないので、その場合はオークションを一度取り消して、再出品時に値下げ交渉を設定します。

値下げ交渉01


スポンサーリンク

 

関連記事

ピックアップ記事

プレミアムTOP

出品できる「Yahooプレミアム」は特典多数

Yahoo!プレミアムは、Yahoo! が用意するプレミアム会員向けサービスを利用できる月額462円(税抜き)の有料会員です。「ヤフオクに出…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る